平成21年3月議会・一般質問
(行財政を問う)
税の見込み損・如何に!!

町民の血税で購入した、長者原に所有する普通財産を一例としてたずねる。
所有から29年強遊休地として放置されたままになっており
この間の税収見込み損が年間250万円程でている。
この状況を何時まで続けられるのか?

財政課長答弁
必要性の無い財産は、今後の景気動向を見ながら処分の方向で・・・
町長答弁
処分のタイミングが採れず苦慮している

町でも内需拡大を!!

1.内需拡大は国任せでいいのか?
「行政」「商工会」「農協」三者協議会設置を!
三社の力を一つに、経済効果・内需拡大を図ることが出来ないか?
2.町が所有する普通財産を処分するさいには、内需拡大に条件付契約を!
町長答弁
1.商工会・農協とは個別の話はしている
提案については、前向きに検討したい。
2.遊休地については、町にとって有益な売却をする方針です。