粕屋町のシンボル駕与丁公園にホタルの里に数十匹の蛍の光が!
     
―日本 夏の風物詩―
夏の夜・・・ぼんやりとそれでいて涼しげな光を放つホタル・・・ホタルの光は、まるで飛び回る宝石のようです。
残念なことに、今ではその数も激減し、都会では全くと言っていいほど見かけなくなってしまいました。
 
―夏のホタル  幻想の世界―
夏の夜、闇の中でぼんやりと輝くホタルの光・・・
古来より、多くの人々の心を癒し、見るものを幻想的な世界へといざなってくれます。
近年、この美しい光景を見ることが、次第に困難になってきました。

―呼び戻そう―
ホタルは、清浄な環境のシンボルであり、多くの人々の心に郷恋を呼び起こす使者でもあります。
我が町でも見かけることが少なくなったホタルを通じて、環境の保護・町の活性化、更に子どもたちの夢を膨らませる
ことが出来ればとの思いから、環境課では19年度の夏には、駕与丁公園にホタルを飛ばす計画を進行しています。
現代の子どもたちにも、自然のすばらしさを・・・
夏の風物詩 ホタルの光が! 粕屋町駕与丁公園に実現しました。
粕屋町では、ホタルの飼育を行っています。左写真はホタルの飼育過程を撮影したものです。
A
←川びなに桑の葉(えさ)を与えているところです
A
A
A
←蛍のえさになる(川びな)の繁殖風景
A
A
A
←蛍の繁殖A
A
A
←蛍の繁殖
私、個人も自然豊かな大隈に計画を進めています
今年は数匹のホタルしか舞うことが出来ませんでした。今後も沢山のホタルをお見せ出来るように努力をしていきます。
駕与丁公園にホタルが十数匹舞う
粕屋町では、下水道処理水の再生化利用の一環で、駕与丁公園の一角に「せせらぎ水路」(長さ10メートル、幅60センチ)を新設しホタルの育成事業に取り組んでいます。来年以降も沢山のホタルの舞を町民に楽しんでもらうために継続していく計画です。