粕屋町の合併構想と東区(福岡市)の分区
現在の人口
合併分区後の人口
東区 28万1千人
粕屋町 3万9千人
久山町 7千人
新宮町 2万4千人
篠栗町 3万1千人
合計 38万2千人
東A区 19万1千人
東B区 19万1千人
東C区
合計 38万2千人
現在福岡市東区は、福岡市区の中でも3番目に入る面積(博多区の倍)
約67平方kmがあり、西区及び早良区の出張所行政区を除くと1番の面積と
なる。人口も面積に比例し約28万人の規模があり、1行政区での運営管理
が困難な状況であるといえるのではないだろうか。
近い将来分区を行い、1行政区の負担を軽減しなければならないと考えるが
ただ分区をするだけではなく、現在東区に隣接する町を分区に併せ福岡市
(東区)に合併し、2〜3区に分ける。
旧糟屋郡の紹介をしている通り、現在の東区の一部は以前糟屋郡であった
ことから、隣接町を一度東区とし、その後分区するのも1つの案ではないか。
左表にあるように、新区が2区誕生したとして、各区の規模は現在の西区
188千人に相当する。(東区を3区に分区すると現在の城南区129千に相当)
目先の合併ではなく、将来を見据えた合併を考えていきたい。
私はこう考えます。
山があり平野があり海がある。(自然が豊かになれば人の心も豊かになる)
自然の循環=財源の循環、その総てを兼ね備えた行政が都市づくりの原点
ではないでしょうか。
 粕屋町は福岡市に合併の打診をしましたが、単町との合併は今の
 ところ考えていないとの公式回答がありました。